1 M 塩化カリウム(KCl)溶液の調整

塩化カリウム(potassium chloride, KCl : wikipedia)は、主に塩濃度の調節に扱われています。

例えば、PBSの作製などが挙げられます。


wikipediaより転載

塩化カリウム自体は自然界から簡単に得られるものであり、にがりの一成分でもあります。

溶液中では塩化カリウムは電離してカリウムイオンになります。

カリウムは、私たちが生きるために摂取する必要のある必須ミネラルでもあり、植物も同様であります。

今回は、研究にて良く用いられる1 M 塩化カリウム溶液の作製方法を紹介します。
(一緒に3 M 塩化カリウム溶液も載せておきます。)

[Materials]

・塩化カリウム KCl MW=74.55

・超純水

1 M  KCl溶液 の調整
試薬  使用量(200 mL)   使用量(500 mL)   最終濃度 
 KCl  14.9 g  37.3 g  1 M
 超純水  200 mL  500 mL

3 M  KCl溶液 の調整  
試薬  使用量(200 mL)    使用量(500 mL)    最終濃度  
 KCl  44.7 g  111.9 g  3 M
 超純水  200 mL  500 mL

[Method]

(1 M KCl, 500 mLの場合)

1.  試薬を37.3 gはかりとり、400 mLの水に溶かす。

2. 500 mLまでメスアップ

3. オートクレーブ。

4. 室温、もしくは4℃にて保存。

参考文献

Wikipedia contributors. “塩化カリウム.” Wikipedia. Wikipedia, 31 Aug. 2012. Web. 6 Sep. 2012.
じっけんレシピ(PDF), SIGMA-ALDRICH
バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作 バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作
田村 隆明羊土社
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ