博士号(Ph.D.)をとるまでの道のりをイラストで示すと。。。

Ph.D. とはPhilosophiae Doctor, つまり博士の学位,博士号のことを言います

博士号は日本では足の裏の米粒とも言われています。

最近ではあまり聞かなくなったようにも感じますが。

つまり、とらないと気持ち悪いけど、とっても食えない。

そんなニュアンスではないでしょうか。

博士号を取得するということはどうあれ一人前の研究者として活動ができることを保証しているといえます。

近年、

特に日本においては研究結果を論文に投稿しているかの有無に関わらず博士号を取得できる制度も多々ありますが、

あくまで個人的な意見としてそれを可とすることは良くないと思っています。

博士号をとれなくとも単位取得退学という形もありますし、

日本全体で博士号取得の最低条件を決める必要がないでしょうか。

卒業と博士号の取得をセットにすることも違和感を感じております。

多様化する現在の研究分野において基準を作ることは難しいのは承知ですが。。。

明治時代あたりには”末は博士か大臣か”などとも言われたそうですが、もうそのような時代は終わってしまいました。

博士号取得はあくまでも途中経過であり、生かすも殺すも個人次第。

このような博士出身者に厳しい現状を知った上であえて博士課程に進学する学生には是非頑張っていただきたいと思います。

さて、博士号取得までの道のりはどのようなものなのでしょうか。

さきに言ったように”博士号”とは非常に多様な分野です。

明治時代に作られた博士号は理学、工学、医学、法学、文学から始まりましたが、

現在では実に100を越える博士号が存在します。

こうした多種多様な分野において博士号の意義を伝えるのはなかなかに難しいです。

今回、紹介するのはユタ大学のMatt Might博士が紹介している”The illustrated guide to a Ph.D.”です。

視覚的に博士号取得がどういったものかを教えてくれます。

日本語で伝わりやすいように翻訳の際、若干の変更を加えています。

画像は全てMight博士のページより転載しております。元の文章はこちら

簡単ですので英語でも読んでみてください。

では、以下が日本語訳になります。

人類の英知、つまり知識の全てを集めたサークルを想像してください。

小学校を卒業する頃には、多少なりとも若干の知識を得ているはずです。

さらに時間は流れて高校を卒業する頃には、もっと知識をつけているでしょう。

さらに大学に進学すると、もう一回りの知識と若干の専門知識が手に入ります。

大学の勉強では飽き足らず大学院に進学すれば、より深い専門知識を獲得します。

博士課程に進学し、

さらにたくさんの文献を読み漁ることで人類の英知の端っこ(最先端)に辿り着くでしょう。

四角く囲った部分を拡大します。

研究活動を通して、この知識の境界線を押し続けます。

そうしているうちに、境界線を少し押し出します。

そう、この押し出したこの部分こそPh.D.です。

ここまでくれば今まで見れなかった世界を見ることができるはずです。

けれども、この絵を忘れないでください。

押し続けよう。

Might博士は本ページをCreative Commons( Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License.)に基づき、使用を許可してくださっています。

元のページに行けばPDFでスライドショーのバージョンも手に入ります。

教員の方は進路説明会等での使用もどうでしょうか。是非、読んでみてください。

関連記事

博士100人の村を考察する(平成24年度ver.)

参考文献

The illustrated guide to a Ph.D., Matt Mighe
Wikipedia contributors. “Ph.D..” Wikipedia. Wikipedia, 27 Jul. 2012. Web. 16 Aug. 2012.
博士号とる?とらない?徹底大検証!―あなたが選ぶバイオ研究人生 博士号とる?とらない?徹底大検証!―あなたが選ぶバイオ研究人生
白楽ロックビル羊土社Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ

  • tomyankun

    この概念からするとサークルの広さも小さかった昔だったからこそ、個々の研究者の社会的価値も大きかったと言えます。学問が多様に発展しサークルが拡大した現代、個々の研究者のそうした価値は相対的に小さくなって行っていると感じます。

  • okinawaensis Entoria

    些末なことですが、

    >とっても食べれない

    ここは「取っても食えない」とすべきだと思います。
    文字通り、そんな飯粒など食べられない、という意味の「食えない(inedible)」と
    (博士号を取得しても)仕事にありつけるわけではない、という意味での「食えない」
    のダブル・ミーニングになっているところが自虐性を演出して共感を得ていると理解してます。

    謎かけ問答の「そのココロは」につづく、いわばオチの部分ですので…

    なお、もしかして最近では「こんな安月給では食っていけない」
    という意味で「こんな安月給では食べれない」と表現するのが一般的なのでしたら
    全面的に私の誤解、不勉強、知識不足です。
    その場合は、お詫びして撤回します。

    • LSPmember

      ご指摘ありがとうございます。
      おっしゃる通り、「食えない」の表現の方が適切に感じました。
      さっそく記事中の文章を変更をさせていただきましたので、ご確認ください。
      また何かありましたら、是非アドバイスを宜しくお願い致します。

  • べもも

    はじめまして、ベモモと申します。ブログ拝見させていただきました。こちらのブログは商用でしょうか?例えば「Might博士は本ページをCreative Commons…」という部分がありますが、こちらはwordpressで作られたページで、スポンサードリンクなどを見ると収益化が図られているとも思われます。そうするとフリーではCreative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License.に違反することはないのでしょうか。私もこの画像が使いたく思っており、そうするとどういった方法を講じればブログに載せる事が出来ますでしょうか。ご教授お願いいたしたく、コメントとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

    • LSPmember

      LSPメンバーが過去に調べた際に、Creative Commonsの規約ではAdvertisementについての公式な取り決めは見当たりませんでした。営利か非営利かの判断は広告枠のみによって決まるのでなく、広告設置の目的や、運営団体およびその方針などといった複合的な要素によって判断されるようです。もちろんこれらの情報を”直接的に”販売する行為は言うべくもなく営利にあたりますが。。。詳しくはCreative Commonsのレポートをご覧頂けるといいと思います。http://wiki.creativecommons.org/Defining_Noncommercial

      なお、CreativeCommonsのFounderでもある、ローレンス・レッシグ教授は広告設置をしたブログがCC-NCライセンス下のものを使う事について、それ自体は問題ないだろうと回答をしているようです。
      http://blogoscoped.com/archive/2008-02-07-n77.html

      インターネット上で上記の内容をキーワードにしていただければ、より細かい見解を述べている記事なども見つけることができるはずです。
      こうした状況を把握した上で、ご自身のブログに使用するかはブログ設置の目的に応じて自己責任にて決めていただくのが良いでしょう。

      LSPでは、CreativeCommonsがCC-NSライセンスのAdvertisementの禁止を発表した場合に、ライセンスの持ち主(この場合にはMight博士)に問い合わせをすることを予め決めています。また状況に応じて事前に許可をいただいて記載をするものも多くあります。ですので、記載に不安があるのでしたら、ライセンスの持ち主に記載の許可をとることをお勧めします。

      当サイト、LifeScienceProjectについては、こちらをご覧下さい。
      http://life-science-project.com/aboutus/

      • べもも

        返信遅れてすみません、やはり線引きは難しいのですね。

        まずは自己責任でやってみます。
        ありがとうございます。

  • あらま

    この図で言うと昨今の博士はピンクの部分があまり薄いというか薄すぎるので、赤い部分が伸びていくのが厳しいように見えています。さらにに境界線にすらたどり着かないのに博士号だけは出されるという感じもします。