[過去記事の改訂]1 M Tris-HCl 溶液(pH 8.0)の調整

以前紹介した、1 M Tris-HCl 溶液(pH 8.0)の調整の記事を改訂しました。

利用されていた方はご確認ください。

リンクはこちら

http://life-science-project.com/582/ 

ーーーーーーーーーー

記事の改訂(2013/1/1)

変更前:密栓してオートクレーブ
変更後:オートクレブする

参考文献として紹介しているバイオ調整マニュアル(2008年 第六刷)では塩酸の揮発を防ぐために密栓してオートクレーブが推奨されていました。通常のガラスビンは密栓してオートクレーブ不可ですが、デュランビンなど強度の高いものを利用すれば可能であるとの記述でした。しかしながら、メーカー問い合わせのところ、どのガラスビンにしても密栓してオートクレーブは推奨していないとのことでしたので、上記の記述を変更致しました。また、今回はTrisのpH調整についても少し書き足しました。

ーーーーーーーーーー

また、気になる内容などあればコメントいただければと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

トリスヒドロキシメチルアミノメタン(wikipediaより転載)

スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ