Merck Milliporeよるウエスタンブロット法の日本語プロトコール

ウエスタンブロッティングは、研究者の多くの方が求められる基本的な実験手法です。

ウェスタンブロッティング (Western blotting; WB) は電気泳動によって分離したタンパク質を膜に転写し、任意のタンパク質に対する抗体でそのタンパク質の存在を検出する手法。別名ウェスタンブロット法(Western blot analysis)。サザンブロッティング(南)、ノーザンブロッティング(北)の流れから、半ばジョークで命名されている(ちなみに様々な手法に「イースタン」と名付けられているが、確立したものはない)。前二者は核酸どうしの相補性を利用しているが、本法は抗体の特異性によって目的のタンパク質分子を区別している。よってイムノブロット (immunoblot; IB) とも呼ばれる。生命科学の研究者の間では、単に「ウェスタン」といえばこれを指す。ーwikipediaより引用

このウエスタンブロッティングについて、Merck Milliporeがプロトコールをweb上にアップロードしています。

わかりやすいので、是非、下記のリンクより確認ください。

→ Merck-Milliporeよるウエスタンブロット法の日本語プロトコール

1
Merck Millipore より転載

出典

ウェスタンブロット法のプロトコール, Merck Millipore

スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ