0.5M EDTA (pH8.0)の調整


         EDTA(wikipediaより転載)

0.5M EDTA溶液を予め作製しておくと、便利です。

例えば、TAEの作製なんかでも使いますので、是非作っておきましょう。

EDTAとはエチレンジアミン四酢酸(wikipedia)で、いわゆるキレート剤(wikipedia)です。

生化学の実験においては重金属をキレートするためとか、酵素を不活化させるためとかに使われております。
また、培養上皮細胞にEDTA処理をするとCaでくっついているカドヘリンがほどけてしまいます

実生活ではシャンプーも挙げられるそうです。

では、以下に調整方法を示します。

[Materials]

0.5M EDTA(pH8.0)の調整
試薬もしくは溶液 使用量(1 L) 最終濃度
EDTA
(EDTA 2Na 2H20)
186.1 g 0.5 M
固形化NaOH
(pH調整用)
20 g前後
5N NaOH
(pH調整用)
適量

1. 800 mLの超純水にEDTAの粉末をゆっくり加えスターラーで撹拌する。
2. 固形化NaOHだんだんと加えて、EDTAを溶かす(pHの上昇に伴い溶けて行く)。
3. EDTAが溶けきったら、水酸化ナトリウム溶液でpHを8.0にし、1Lまでメスアップする。
4. オートクレーブして常温保存。

実際の実験では0.1~6mMの濃度で使用することが多いです。
なので、この作製した溶液は完全なストック溶液となります。1Lも作製する必要がなければ、200 mLであったり500 mL であったり各自調節をしてください。
また本プロトコールではEDTA 2Na 2H20を使用しておりますが、EDTAはNa塩が異なるものも売られています。別のものを使う際には分子量の計算をし直すとともに、追加するNaOHの量も調整してください。
EDTAは各種金属イオンとキレート結合をしますが、そのキレートの効果は溶液中のpH濃度に依存します。なのでpHを必要以上に高くしてしまうと、よくありません。

EDTAはキレート剤の万能薬である一方で、EGTAのようにカルシウムイオン選択的にキレートするものもあります。

関連記事

TAE緩衝液(50xTAE buffer)の調整
カドヘリン

参考文献

Wikipedia contributors. “エチレンジアミン四酢酸.” Wikipedia. Wikipedia, 22 Jan. 2012. Web. 12 Feb. 2012.
EDTA類の違い, 同仁科学研究所
バイオ実験イラストレイテッド〈1〉分子生物学実験の基礎 (細胞工学別冊 目で見る実験ノートシリーズ) バイオ実験イラストレイテッド〈1〉分子生物学実験の基礎 (細胞工学別冊 目で見る実験ノートシリーズ)
中山 広樹,西方 敬人秀潤社
Amazonで詳しく見る
バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作 バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作
田村 隆明羊土社
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ