7.5M 酢酸アンモニウム(NH4OAc)の調整

7.5M 酢酸アンモニウム(ammonium acetate)の作製方法です。

エタノール沈殿の際に、塩として酢酸アンモニウムを加えます。

同様によく扱われる、酢酸ナトリウムと比べると、

dNTPへの溶解度が高いため、dNTPの除去に有為に働きます。

一方で、T4ポリヌクレオチドキナーゼや、

一部の制限酵素、DNAリガーゼなどを阻害してしまいます。

総じて、汎用性が高いのは酢酸ナトリウムでしょう。

また、オートクレーブにはできない試薬のため、

滅菌を行なうにはフィルター滅菌を使うことが求められます。

1
wikipediaより転載

[Materials]

・酢酸アンモニウム( CH3COONH4, NH4OAc )  MW=77.08

 7.5 M 酢酸アンモニウム*
 試薬 使用量(50 mL)  使用量(100 mL)  最終濃度
 NH4OAc
28.9 g  57.8 g  7.5 M
 超純水 to 50 mL   to 100 mL  –

*10Mで作製する場合もあり、その際には100 mLだと77g必要になる

[Method]

1. 超純水 60mLをビーカーに入れてスターラーでまわしながら、  57.8 gのNH4OAcを測りとり、加えていく

2. 100 mLまでメスアップする

3. フィルター滅菌

4. フタをしっかりと閉めて、4℃冷蔵庫もしくは-20℃冷凍庫にて保存

参考文献

Wikipedia contributors. “酢酸アンモニウム.” Wikipedia. Wikipedia, 1 Apr. 2013. Web. 26 May. 2013.
バイオ実験イラストレイテッド〈1〉分子生物学実験の基礎 (細胞工学別冊 目で見る実験ノートシリーズ) バイオ実験イラストレイテッド〈1〉分子生物学実験の基礎 (細胞工学別冊 目で見る実験ノートシリーズ)
中山 広樹,西方 敬人秀潤社
Amazonで詳しく見る
バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作 バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作
田村 隆明羊土社
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ