70% エターノール (EtOH) 溶液の調整

70% エタノールの作製方法を紹介します。

非常に汎用性が高い試薬の一つでしょう。

RNA用に調整する場合はRNase Freeの水(DEPC水など)を使用してください。

また、下記のmethodで注意していただきたいのは、

先にエタノールを測りとることです。

エタノールでメスアップを行うようなことはしないようにしましょう。

水を1 Lとエタノールを1L混ぜても2 Lになりません。

これは水分子の隙間にエタノール分子が入り込み、

水素結合で全体を引きつけ合うためにおこります。


エタノール分子(wikipediaより転載)

[Materials]

・100% EtOH (試薬特級の無水エタノール(99.5%*))
危険物指定、引火性有り 

・超純水

*一般的に99.5%の無水エタノールを100%EtOHとして扱う

70% EtOH (v/v) の調整
試薬もしくは溶液 使用量(500 mL) 最終濃度
 無水エタノール  350 mL  70%(v/v)
 超純水  >150 mL

[Method]

(500 mL作製する場合)

1. 350 mLのエタノールを測る。

2. 水を加えて500 mLまでメスアップする**。

3. 冷蔵, あるいは-20℃にて保存する。

**500 mLまでメスアップするには150 mL以上必要になる。

—————–

70% EtOHというものを考えるとき、

二種類の考え方があります。

一つはvolume/volume、

もう一つはweight / volume。

詳しくはまた違う機会に譲りますが、

前者は分子生物学、特にDNAの抽出などに用いられる70%EtOH(v/v)であり、

後者は消毒のために用いられる70%EtOH(w/v)**です。

一般的にエタノールの殺菌力というものは100% よりも70%のほうが効果は強いと言われていました

しかしながら最近では60%~95%であれば大きな差がないと言われているそうで、

研究室にて消毒用に作製する場合にも70%EtOH(v/v)を気にせず扱えばよいと考えられます。

**これは v/vでおおよそ80%EtOH(w/v)になり、日本薬局方にて規定されている消毒用EtOHの濃度(76.9~81.4 vol(v/v)%)である。

参考文献

 Wikipedia contributors. “エタノール.” Wikipedia. Wikipedia, 22 Jun. 2012. Web. 14 Jul. 2012.
 アルコールの殺菌効果, 山本研究室, 岡山県立大学
 [化学]水1リットルとエタノール1リットルを混ぜた。体積は?, モノシリ
 第十六改正日本薬局方 名称データベース
バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作 バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作
田村 隆明羊土社
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ