抗生物質のストック濃度と使用濃度の一覧表

抗生物質は様々な分野で用いられています。

時を遡れば、1929年。

アレクサンダー・フレミング博士が、

ペニシリンを発見したのが抗生物質の始まりです。

本エントリーは分子生物学で主に使われる抗生物質を一覧にして示します。

一つ一つの使い方等は時間のあるときに個別に説明していきたいと考えており、

こちらの記事は他の記事との兼ね合いで追加・編集を行なっていく予定であり、

今しばらく完成はみられない予定です。

早期に載せておくべきと思われる抗生物質などありましたら、

コメントをいただければと思います。

各抗生物質のストック溶液の作製とその使用濃度
抗生物質 溶媒 保存液の濃度 (mg/mL) 使用濃度 (µg/mL) 倍率
アンピシリン 蒸留水
もしくは20%EtOH水溶液
50  50 x 1000
カナマイシン 蒸留水
もしくは20%EtOH水溶液
20  20 x 1000

参考文献

アンピシリン, BioWiki
カナマイシン, BioWiki
Wikipedia contributors. “ペニシリン.” Wikipedia. Wikipedia, 18 Jun. 2012. Web. 24 Jun. 2012.
バイオ実験イラストレイテッド〈1〉分子生物学実験の基礎 (細胞工学別冊 目で見る実験ノートシリーズ) バイオ実験イラストレイテッド〈1〉分子生物学実験の基礎 (細胞工学別冊 目で見る実験ノートシリーズ)
中山 広樹,西方 敬人秀潤社
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ