10% APSの調整

10% APSの作り方を示します。

APS(Ammonium PeroxodiSulpahate)、つまり過硫酸アンモニウム(wikipedia:英語版)のことです。


(wikipediaより転載)

生命科学系の実験においては、

ポリアクリルアミドゲルの作製の際に、

重合促進剤として用いられております。

よくウエスタンブロッティングに使われるので、

学生の実習等にもよくでてくると思います。

実際に、実験を行っている方たちの中には、

重合促進剤とはわかっていても、それがなんなのかわかっていない方も多いかもしれません。

答えは簡単です。

APSは酸化剤(wikipedia)です。それも強力な酸化剤なのです。

また時間のあるときにポリアクリルアミドゲル作製におけるチャートを書こうと思います。

では、10% APSの作製方法をいかに示します。

[Material]

・過硫酸アンモニウム(MW:229.2)

[Method]

1.過硫酸アンンモニウム1gを10mlの水に溶かし*、10%(w/v)になるようにする。
2.冷蔵庫で保存。

*APSの粉末の取り扱いは気をつけましょう。手袋をした上での作業をお勧めします。

参考文献

 Wikipedia contributors. “Ammonium persulfate.” Wikipedia, The Free Encyclopedia. Wikipedia, The Free Encyclopedia, 13 Apr. 2012. Web. 22 Apr. 2012.
 Wikipedia contributors. “酸化剤.” Wikipedia. Wikipedia, 10 Apr. 2012. Web. 22 Apr. 2012.
バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作 バイオ試薬調製ポケットマニュアル―欲しい溶液・試薬がすぐつくれるデータと基本操作
田村 隆明羊土社
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ