顕微鏡下におけるマウス胚の発生

マウスは実験動物としてよく用いられております。

たとえば交配をかけるにしても、人なら10か月のところがたった20日に満たないほど。

つまり受精後、子供はたった20日で成長し生まれてくるのです。

以下は、マウス胚発生の段階を追った映像です。

最初に出てくる胚はおそらく受精後10日目ほどの胚だと思います(詳しくわかる方がいらしたらご指導お願いします)。

つまり、あと出生するまで10日。その10日間で何が起こるか、どのような変化があるか是非見てください。

このMovieはイギリスのケンブリッジ大学のyoutube channelにて公開されています。

他にも面白いものがあるので、是非アクセスしたら面白いと思います。

スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ