地球環境「危機」報告

地球環境「危機」報告

WHO(世界保健機構)によると、

世界で毎日約2万5千人が飢餓、あるいは栄養不足に関連した死因でなくなっている。

そのうち4分の3は5歳未満の子供であり、

5秒足らずで一人の子供が死亡し、

1時間ごとに子供で満席のジャンボジェット機が墜落する計算だ。

地球環境「危機」報告

石弘之氏の最新レポート。

2008年発売だが、もう発売してから二年経ち、

あっという間に世界情勢も変わり、

それに呼応するかのように私たちの環境も変化してしまっている。

それでも、この本には読む価値があると思います。。

著者のあとがきもよかった。

「全世界の人々がそれぞれ考えるあたりまえの幸せに向かって動いたら、

それこそ地球はこわれてしまうかもしれない。」

みんな幸せに。

それだけのことが難しく、いかんともしがたいのかもしれない。

全十章から構成されており、

どれもが私たちの将来に直結する内容でした。

第一章 世界に広がる人種抗争 -人口の過疎過密が引き金に
第二章 巨大化する災害 -開発で脆弱化する自然
第三章 海は空っぽ -乱獲で消えた魚
第四章 飢餓か飽食か -両極化する食糧問題
第五章 水の争奪戦が始まった -新たな資源戦争のはじまり
第六章 横行する違法伐採 -森林破壊の果てに
第七章 激化する黄砂 -誰が砂漠を広げているのか
第八章 新顔ウイルスの脅威 -環境の変化が生んだ感染症
第九章 動物たちの黙示録 -六回目の大量絶滅時代
第十章 からだをむしばむ化学汚染 -どこまで汚せば気が済むのか

どれも大切な話ですが。第三章から第五章までの食糧関係が特に私は集中してしまいました。

スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ