東京オリンピック(1964年)の舞台裏を描いた作品「科学の祭典」

東京オリンピックが決まったこともあり、

今回LSPでは東京シネマが1965年に制作した作品、「科学の祭典」を紹介します。

当サイトの趣旨とは少し異なりますが、科学の進歩を知ることができる良い作品と思い記載しました。

1
科学の祭典より

1964年に開かれた東京オリンピック。

wikipediaによると

日本及びアジア地域で初めて開催されたオリンピックで、また有色人種国家における史上初のオリンピックでもある。歴史的には、第二次世界大戦で敗戦し急速な復活を遂げた日本が、再び国際社会の中心に復帰するシンボル的な意味を持った。また、1940年代から1960年代にかけてヨーロッパ諸国やアメリカによる植民地支配を破り、次々と独立を成し遂げたアジアやアフリカ諸国による初出場が相次ぎ、過去最高の出場国数となった。ーwikipediaより

とのことです。

この東京オリンピックを科学面で支えた舞台裏を紹介しているのが、

東京シネマの作品「科学の祭典」です。

およそ60分近くありますが、大変興味深いかと思います。

例えば、マラソンの中継がどのように行われていたかなどを知ることができます。

2
科学の祭典より

どうぞご覧下さい。

出典

科学の祭典, 科学映像館

スポンサーリンク
  

購読は下記からどうぞ